2012年09月24日

収穫の秋

急に涼しくなり私は助かりました。皆さん体調は如何ですか。
とたんに、田んぼや畑では実りの秋。いそがしくなりました。

CIMG3194.JPG

実ればみのる程に,コウベを垂れて、・・

CIMG3200.JPG
刈り取られたあとは、このように干して藁として、来年野菜を
作るとき、地面に敷くと草も生えず、地熱も上がって良く育ちます。
最近、このような光景は珍しいので、パチリ。これは昔、
「ツンボロノ」といっていました。小さい藁束を作り、其の藁束を
5〜6個まとめて頭を縛り、もう1個を上からパサットかぶせて
頭を軽く縛ります。こうして置けば雨にぬれても中の小束は濡れません
こうして完全に干してから、取り込んでおき、牛や馬、山羊の飼料に
一年分、保存して置いたのです。でも今は動物もいないし、
こんな時代になったので、今は年寄りの私でさえ、珍しい。
皆さんに、珍しい光景をお見せしたくて。乗せてみました。

posted by コトおばちゃん at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

生子神社の泣き相撲

今日9月23日、久しぶりに1日中雨降りの落ち着いた日
でしたが、鹿沼市でも有名な生子神社の泣き相撲があり
ました。雨の中、県外からも大勢参加して、
賑やかにごった返していました。

(右が祥恩ちゃん
CIMG3209.JPG

我が家のひ孫祥恩ちゃんも、無事に成長しますようにと
祈願して、お相撲さんに「よいしょうー。よいしょう。ー
よいしょうー」と持ち上げてもらい、祈願してきました。
祥恩ちゃんは、知らない人に抱っこされたので、最初から
大泣きして、頭に「泣き相撲大会」と書かれたかっこいい
鉢巻をするのですが、それも出来ないで、終始大泣きでした。
「泣くのが勝ち、」と言う面白いお祭りですが祥恩ちゃんは
最初から大泣きで、大横綱かな。鉢巻きをしたかっこいい姿の
写真は残念ながらとれませんでした。
CIMG3212.JPG

帰りは美味しそうなお饅頭と、お赤飯のパックを買って帰り
ました。露天商も沢山、出店して雨が残念、でも
雨の中、地元の方達は村興しにも一役かって、交通整理を
しっかりやっていました。神社の森の長い参道階段を暫くして
下りると、そこは小金の波、濡れた稲穂がたわわに垂れて
収穫の秋でした。いいお参りをしてきました。
posted by コトおばちゃん at 16:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

試作品をつくりました

「夢よもう一度」試作品を作ってみました。
葡萄を切り落としたらバラバラにはずし、きれいに水洗いし、
ミキサーにかけました。完熟でしたら、手で潰せますが
未完熟では固くて潰れない。ほとんど青いじょうたいです。

CIMG3202.JPG

このように広口ビンに詰め,布巾で蓋をしました。
密封すると酸っぱくなります。
4〜5日常温で・・・醗酵が始まったら冷蔵庫へいれようと
思います。はたして甘く出来るかどうか。温度の関係が深く
ありそうです。酸っぱくなったらお料理に使えばいいし、
試作研究中です。どんな結果がでるか楽しみです。
出来たらお知らせします。待っててね。
posted by コトおばちゃん at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。