2012年09月15日

夢よもう一度

こんなに暑い日和でも、ただ1本の葡萄がこんなに豊作です。

CIMG3176.JPG

昨日はカラスが止まってついばんでいました。少し早いですが
完熟を待たずに、とって、ぶどう酒にすればと思うのですが。・・
大きい虫がいると思うと、怖くて手が出ない。

CIMG3177.JPG

暫く前のことだったか、葡萄を潰してビンに入れ、密封して
常温で置いたら、暫くしたら蓋が丸く盛り上がる程、膨れて危険。
そーっと栓を緩めたのですが、突然、ボーんっと蓋は吹き飛び
天井は葡萄汁で真っ黒、ビンは空っぽ。大失敗の巻きでした。
ビックリするやら、お掃除したりと大笑いでした。

次の日、広口ビンに入れて、今度は地中に埋めてみました。
4〜50センチ掘って其の中へ。

数ヶ月たって、雪の降る日掘り出してみました。今度は大成功。
あの葡萄酒の色、市販に負けません。味も甘くて、少し渋み
も有り、何と美味しいぶどう酒ができていました。
あの味が忘れられません。「夢よもう一度」毎年、葡萄の時期に
思うのですが、実現できません。豊作の今年こそ。
サア元気を出して。やります。後々の楽しみを蓄えましょう。
posted by コトおばちゃん at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

わたしの唯一の敵

こんなに綺麗に咲いた花。伸びろ、のびろ、天まで伸びろ。
朝夕水をやり、肥料をやって楽しみにしていたのに、
居た居た、大きい太った青い虫が。10センチはある。
縞模様の入った肥えた虫です。

CIMG3135.JPG

いやーな奴を見てしまった。早速キンチョールをプシュッ。
何度も吹きつけても、苦しそうにしていて落ちない。
その隣にも、上の方にも同じように大きいのが5匹もいた。
娘に話し棒で振り払って貰ったら、自分の方に飛んできた。
娘も「キャー」当たりはしなかったけど。なんて嫌な虫。

大きいだけに、歩くのが結構早い。
キンチョールを吹きかけられながら、植木鉢の中へ逃げ込んだ。
1匹は殺したが、後の虫は苦しみながら、鉢の植え込みの中へ。
私も鳥肌を立てながら、この敵を見てしまう。私の負けか。

翌朝、花に水やりに行ったら、下に一匹まだ生きていた。娘に
話すと、「あんなに苦しんでいるのに、死ねないのだから、
もういやだ。」と断られてしまった。私もいやだ。
でも見てしまう。「まだいたよう。」娘は「こんなに嫌いな
人の前に現れるなんて、何かの怨念じゃないの」なんて又、
嫌なことを言う。「そうかも。」長い人生いきていれば
罪の一つや二つはある筈です。
心の中で、南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。何度か唱えている内
すーっと怖さが消えていった。この臆病をどうすればいいのか。

暇さえあれば、花の木をやっぱり見てしまう。
臆病なおばあちゃんです。


posted by コトおばちゃん at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

収穫の秋

実りの秋です。毎日暑い日が続いていますが、
農家にとっては「良い日和」です。いよいよ稲の刈入れ
が始まりました。バインダー(稲刈り機)を使って、
あっち、こっちの田んぼで稲刈りの真っ最中です。

CIMG3169.JPG

見渡す限り小金の波。気持ちいいですねえ。
しばらく田んぼの土手を歩いて、パチリ、パチリと。

CIMG3172.JPGCIMG3173.JPG

お茶かお弁当か、持ってきて日傘を被っている人もいました。
農家も今は総て機械で作業するから、随分と楽になったねえ。
刈り取った籾を家へ持ち帰り、乾燥機の中に入れるだけ。
機械に入れて何時間ぐらいで乾燥するのでしょう。

完全乾燥すると、直ぐ、お米に搗くことができるのです。
新米です。栃木県は放射能は検査の結果、安全です。
早く美味しいお米食べたいですね。
私の実家から届くのはまだまだ先。農作業が一段落してから。
暫く待ちましょう。農家の皆さん暑いのにごくろうさま。

今日は、みのりの秋の田んぼへ御招待でした。
posted by コトおばちゃん at 11:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。