2012年10月25日

ふれあい祭り

先日の日曜日は、毎年恒例になっている当地区の
ふれあい祭りでした。鹿沼市長はじめ、県会議員や福祉
協議会副会長とか、数々のお偉方がお出ましになり、祝辞
を戴きました。

CIMG0096.JPG

中でも子供代表宣言が立派でした。「私達のこの町は
お父さんお母さんの作った町で、まだ若い町ですが、
私はこの町が大好きです。大きくなったらこの町を出て
何処かへ就職するでしょうが、やがて、大好きなこの町に
戻ってきます。そしてみんなと仲良く、益々良い町にして
ゆきます。」と宣言していたのが印象的。

CIMG0097.JPG

(下は消火活動のバケツリレー)
CIMG0101.JPG

其の後、玉入れや,バケツリレー(消火)、マル罰競技が
あったので、出てみました。今年は消防関係の出題で、
生活に密着してない問題だから、むずかしかったのかも。
5問位で終りでした。(問)警報機をつけないと罰せられる
丸か罰か?。丸です。先日広報を見てわかりました。
(問)鹿沼消防分署は東西南北に4箇所ある。丸か罰か。
それは罰、3箇所です。こうして5問クリアして、最後の
10人に残りました。商品は洗剤を貰って、みんなに
拍手を貰って、「あんたの側にいればよかったな。」なんて
言ってくれる友達もいて。楽しいお祭りでした。
今年は立派な仮設テントも新設されて、災害が起きた時の
用意だそうで、町内の役員さん達は、頭をねって大変です。
良い町、住みよい町にする為にお骨折りご苦労さまです。
posted by コトおばちゃん at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。