2012年11月16日

ゆ湯治

楽しみにしていた三泊四日の湯治に行ってきました。
友人、八名と場所は、黒磯の近くの芦野温泉です。今回は
電車で、宇都宮から、東北線、最終点の黒磯迄。そこには
送迎バスが出ています。芦野温泉は源泉掛け流しの湯で
一軒だけで、大量のお湯を使っています。そのお湯に
薬草をたっぷり入れて、毎日お湯を取替え、清潔です。

CIMG0150.JPG

今夜は松籟館(しょうらいかん)でご馳走一杯、食べきれない
ほどでした。山の中のホテルだから、車の音も聞こえず、静かで
ただ、テレビの音だけでした。翌日、十四日は、バスに送られて、
野外散策、芦野の宿は色々の見せ場があって、お城の跡とか
松尾芭蕉のゆかりの柳の木、又はイチョウの古木など、
数々の由緒ある場所を、ボランテアの方が案内してくれました。

CIMG0157.JPG

田んぼの土手とか、草の中の路を歩いたのでヘトヘトに。
どうにか出発地点の食堂に到達し、昼食のカレーにありつけました。
空気が良かったせいでしょうか。お風呂が良かったからでしょうか、
疲れを知らず歩けたことは、私にとって、大収穫でした。

CIMG0151.JPG

今夜のご馳走もコレ、この通り。みんなも食べきれないなどと
言いながら、喜んで完食でした。

CIMG0148.JPG

「好いお湯だねえ。汗かいちゃった。」と赤いほっぺで
ニコニコの顔を見ると、みんなで来てよかったあ。
良い旅だったと思いました。又行こうね。と交わして。



posted by コトおばちゃん at 16:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

愛犬ピーちゃんのお布団敷き

我が家の愛犬ピーちゃんは、お布団敷きが上手です。
毛布をあるだけ使って、三段ぐらいに,まあるく重ねて
暖かそうにお布団しいて寝ています。

CIMG0138.JPG

夜は物置に寝ますが、同じように丸く積み重ねます。
時どき、お布団干しをすることもあり、くわえて、
表にでています。ぴーちゃんが人間のお嫁さんだったら、
シッカリ者のお嫁さんだったでしょうね。
番犬にはおとないしから、イマイチですね。
でも可愛いぴーちゃんです。
posted by コトおばちゃん at 15:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

永野のそば祭りに行ってきました。

鹿沼市にも永野という村があり、最近合併により、鹿沼市
になりました。山深い谷間にある細長い村に感じられました
が、団結力があるというか、村おこしに、かなり力をいれて
いて、老若男女が総出で、蕎麦祭りに出て、協力しているので
びっくりでした。野菜の直売所は通常やっていますが、

CIMG0141.JPG

お祭り、又、行事の時は地元の野菜で芋串や、おでん、焼き蕎麦
鮎の塩焼きなど、沢山のお店を出して、慣れない手つきで、
忙しく働いていました。

CIMG0139.JPG

お餅は黄な粉餅にして無料で配られました。草もちはお店の
中で暖かいうちに販売していました。
「草もちの草は営業用のものですか?」と聞いたら、「いいえ
夏に摘んで茹でて冷凍にしておくんです」と帰ってきました。
とても上手に餅をついたり、こね取りをしたり、男手でも
起用にやっていて、両親と暮らしていればこそ、教えられたり、
教えたりできるものですね。美味しそうな草餅でした。

CIMG0140.JPG

忽ち、こんな行列ができました。そして名物の「永野のそば」
と天ぷらを注文、アソコまでいっただけ、おいしかったわ。
だしの味もきいていておいしかった。
其の後、野菜を沢山買い込んで、上永野までドライブ。
途中,祥恩チャンのママが勤めている学校があり、随分遠い
所まで来るんだねえ。大変ねえ。と話しながら。

帰りは、杉山の中腹に,見事に紅葉している一区画があり、
あの木はなんだったろう。とてもそこだけきれいでした。
今日のドライブは山と山の間を縫って、小さな村々を縫って走り
随分遠く迄いってきました。あそこも鹿沼市ですね。
娘と、姪と楽しいドライブでした。
posted by コトおばちゃん at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。