2013年01月18日

あの頃は。

長女の旦那は、神奈川県の真鶴生まれです、お母さんは
百一才で健在です。お祝いは、あげたけど、お歳暮はまだ
上げてなかったので、おばあさんの百1才の元気な姿を見て
おこうと、お歳暮をもって娘二人と新幹線で飛びました。

CIMG0269.JPG

この写真の通り元気で一人暮らしでした。ビックリです。
眼も見えるし、耳も聞こえて、話すことも何でも解っていて
質問され「お孫さんも大きくなられたでしょう?」毎朝、
家へきてご飯を食べさせて保育所へ送って行く話をすると、
「それは大変ねえ」とすぐ返事が返ってきます。午後は
「こんな頭になちゃったからパーマやさんへねぇ」と

身だしなみも忘れない。おばあさんの健康の事をきくと
「少ししか食べられないけど、三度食は必ず作って食べて
います」とのこと。テレビの報道されている事やお孫さんの
ことなども話してくれました。こんなに元気でいられるのは、
きちんとした食生活と、ストレスを溜めないことかな。

CIMG0270.JPG

表に階段があるので、登ったり降りたり足腰も丈夫だし、
何も言うことなし。ありがたい人生のようです。
私達もおばあちゃんにあやかりたくて、銘々に
握手をして頂き帰ってきました。
真鶴のおばあちゃん、何時までもお元気でね。


posted by コトおばちゃん at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。