2013年05月10日

祥恩ちゃんのお留守番

長い連休中、祥恩ちゃんのパパママは海外旅行、祥恩ちゃんは
おばあちゃんのお家で、お留守番でした。おかげで
ひいバアチャンもゆっくり、祥恩ちゃんと遊べて楽しかった。

CIMG0682.JPG

祥恩ちゃんは、ほんとにお利口さんで、寝ても起きても泣く事
はせず、転んでも自分で「どてっ」と言って直ぐおきる。
二日目は市内のお千手山公園へ。風もなく暖かかったので最高。
待望の電車に乗りました。嬉しいやらドキドキで、神妙な顔を

CIMG0727.JPG

していました。二回目はひいバアと一緒に乗って「電車でんしゃ」
と喜んでいました。トンネルだよと言うと「あっトンネル。」と
指差して楽しそうでした。

CIMG0723.JPG

高い高いゴンドラにものりました。これにはバアチャンたちも
久しぶりで、鹿沼の町を一望し、感無量でした。

CIMG0716.JPG

数々の車に乗りました。消防車、救急車とか。助手席をさして
「バアこっちね」と二人で乗りたかったのでしょう。

翌日も「又行こうね」と言っていたのに急に用事ができて
祥恩ちゃんを急遽、保育園に頼むことに。
祥恩ちゃんは元気よく、ばいばいしてバアチャンに送られて
出て行ったけど、遊園地へ行けると思っていたのに
保育園に着いたトタン、
赤い顔して「わーん」と泣き出したとか。部屋に入っても
泣き止まず、先生になだめられていたとか。可哀そうに。

こんなに喜ぶんですもの、又チャンスを作って連れて行きたい。
祥恩ちゃんより、ひいバアチャンの方が行きたいかな。
あの笑顔が見たいから。又みんなで行こうね。









posted by コトおばちゃん at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

連休中のお楽しみは。

長いお休みが続きました。私達もどこかへ足を伸ばそうと
行った所は、那須の「藤城清治美術館」でした。
「光と影の詩人」と言われる影絵作家、藤城清治さん
八十九歳の、個人の美術館です。四月二十五日に開館した
ばかりです。
かねて影絵の彫刻家と知っていたので、是非見たいと
飛ばしましたが、残念。火曜日だったので休館。がっかり。
又、来られるからとあきらめ、遅い昼食にしました。
そのお店の待遇が良かった事,お蕎麦も
美味しかったし、ムギトロも美味しかったのに、ご機嫌
直して、まっしぐら、帰ってきました。
念の為、チョッとしたためて置きます。

場所・・那須町湯元。光と影の詩人、藤城清治美術館。
    火曜日休刊、六月十五日にグランドオープン
全作品が展示され見事な影絵が見られそうです。
那須の名物が一つ増えました。
あなたもご覧になってみては如何ですか。


posted by コトおばちゃん at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

祥恩ちゃんの鯉のぼり

先日、天気が良いので早々に鯉のぼりをあげました。
間もなく風が吹いてきて、鯉が泳ぐのなんのって
バタバタ、バタバタ何の音かと思ったら、鯉のぼりの音。
凄い音で泳いでいました。鯉竿が折れるかと心配したり
でも、おろすこともできず、夕方、風が収まるまで待とう。
鯉が横になる程、風が吹きました。

CIMG0680.JPG

けさは食事がすんだから、「祥恩ちゃん鯉のぼりあげよう」
といったら、「いやだ電車で遊ぶ」と言って、電車の箱を
ガラガラあけて、線路作りを始めてしまいました。

CIMG0684.JPG

自分の好きなおもちゃが出てきて、考えては継ぎ足して線路
をつなぎますが、繋ぎ終わらないうちに、電車を走らせて
います。朝ドラで電車の走る所がありますが、ソコが大好き、
「でんしゃ、電車バイバイ」と大きな声で。
子供の大きくなるのはほんとに早いものですねえ。
満二歳でこんなに成長するのですもの。最近、特にお話を
するようになって、「よいしょ、よいしょ」と重いものを
持つと「がんばって、がんばって」と不意に言葉が出てきて
びっくり。お歌も歌ったり、毎日楽しく会話もはずんでいます。


posted by コトおばちゃん at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。