2013年07月03日

保育所の祖父母、参観日

この間、ショオンちゃんの保育参観日がありました。
是非見たいと思っていたので参加。誰も、ひいバアチャン
は来る人はなかったけど、私は興味深々だったので参加。

CIMG0796.JPG

ショオンちゃんのクラスは12名で先生が4人かな?
2歳になると泣く子もなく、先生のお話を聞いてちゃんと
行動が出来ていました。「おじいちゃん、おばあちゃんが
みんなのお遊戯を見に来てくれました。上手にやって
お見せしょうね。」と音楽をかけると、一斉に両手を合わせ
前にのばして駆け出した。どじょっこ、ふなっこの踊りかな。
運動の一種かも。其の後、二人向き合って座り、お手てを
つないで、音楽に合わせて引っ張ったり、押したり仲良く
程よい運動をしていました。少しづつ団体行動に慣れてゆく
様子がわかりました。

CIMG0795.JPG

其の後,保育園で栽培している畑を見学。見事な野菜畑、
そこで取れたものを給食に使っているとか。ブドウ畑では
子供の目線で取れるように、ツルを横に這わせて小さい
葡萄が沢山成っていて見事でした。考えればどんな形でも
葡萄栽培ができることを見てきました。
大根、ネギ、人参その他沢山の野菜が豊作で見事。
其の側の道が散歩コース。毎日野菜の育つのを
見ながら、園児も育つ。羨ましい環境をみてきました。

帰ったら、昼食のご馳走が出来ていて園児と共に昼食を。
お赤飯とお味噌汁、秋刀魚開きの蒲焼、サラダ、デザート
と充分でした。こうして遊びの中に運動を取り入れて、
充実した、園生活を送っているのを見て安心しました。
年長さん達は運動の時間をしっかりとって、
激しい運動もしていました。
家庭でも出来るだけ我がままさせず、育てなければと
一番甘い、ひいバアが心に響いた良い一日でした
posted by コトおばちゃん at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。