2014年10月03日

幼き頃(其の三)

  茶色の毛虫
「竹やぶに機械体操があるからそこであそんべ」とモトちゃ
んに連れられて竹やぶに行った。当時、機械体操といっても
竹やぶに生えている竹二本に、細い竹を横に適当な高さに
縛りつけ、飛び乗ったり、ぶら下がったり一回転したり。
小さいから飛び上がれず、モトちゃんに両足を持って持ち
上げてもらい、一回転する。交互にやって遊んだ。
竹やぶは夏、涼しくてとてもいい遊び場だった。

ある年のお天王さまの日、(村祭り七月十四日)例の様に
楽しく遊んでいた時。「コトちゃん毛虫っ」と大声で言った
びっくりして振り返って見ると、綺麗なユカタに蝶ちょに
しめた赤い三尺(帯)に茶色の大きな毛虫が、ぴったりくっつ
いていた。「ヤダぁー」と大声を上げて夢中で、手で掻き落と
そうとした。が、中々毛虫は落ちない。その時、誰もとって
くれようとしなかった。「キャアー」大声あげて掻き落とした。
その時の毛虫は、太くて長い毛がはえていて、十センチも
あったかのように見えた。
もう遊ぶどころではない、ドキドキが止まらず、泣きながら
家へ帰ってしまった。そしてこのことを母に泣きじゃくり
ながら話した。そして母のヒザにのって、おっかなかったドキ
ドキを沈めようと乗ったきり。母は「あれえ。熱があんじゃね
えか」と額に手をあてた。隠居の前の細い道の両側は小麦畑で
私の頭が見え隠れする程伸びていたし三角山も通らなければ
帰れなかったから、かなり心細くて、泣きながら帰ったので
あろう。それ以来、虫は大嫌いで、年老いても
苦手ナンバーワンは毛虫です。「小さくてもキライ」

CIMG3135.JPG
こんなに綺麗に咲くのに大きい虫が付きました。

posted by コトおばちゃん at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。