2013年08月27日

足尾のハゲ山に桜の木を植えて

何時のころだったか、娘達二人と足尾に行ったことがあった。
娘は足尾のハゲ山に桜の木を植えるんだ、と二十本植えてきた。
次の年に又二十本、今度は植木屋さんに植えてもらったとか。
不毛の地に木を植えるのは大変な労力がいる。
植えた桜が咲いたかどうか確認のために、行ってみたかった。
植えて四〜五年たったので、かなり大きくなって、花芽が沢山
つけていたが、寒さの為、元気が無かった。種類は牡丹桜。
もう少し過ぎて暖かくなると、きっと綺麗だよね。と口々に。
娘もいい事をしたね、と感心仕切り。ほめてあげました。

CIMG0694.JPG

帰りは足尾鉄道に、こんな電車が走っていました。ひ孫の
ショオンちゃんが見たらどんなに喜んだか。パチリ、
せめて写真だけでも見せたくて。
足尾銅山で有名だった頃は、鉱石を沢山積んで走ったのでしょう。

CIMG0691.JPG

上の写真、当時の貨車、又労働者を運んだ客車が二分の一の
縮尺に作って、モデルとして、実際に動いています。
当時の整備士や、機関車に興味のある方達がボランテアで

CIMG0688.JPG

観光の為に整備、管理しているとか。心温まりますね。
娘が尋ねて行った事を知った博物館長は、「荒川さんの
お陰で今年はこんなに綺麗に咲きそうです。こちらに
来て見て下さい。」と直々に案内してくれ、ありがとう
ございましたの連発でした。娘も多額の出費で大変だった
でしょうが「良いことをしたね。」と褒めてあげました。
帰りは温泉に入り、そばを食べて静かな小旅行気分でした。
と言うのも、五月始めのころのお話でした。



posted by コトおばちゃん at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。